庭木を育てる事で、庭の中に良好な環境を作り、さらに魚などの生き物たちも一緒に考える事で小さな自然を再現したお庭。
それは自然の美しさと調和の取れた環境が合わさり創られる小さな独自の世界。健康に育った庭木が生い茂り、色とりどりの花が咲く美しいお庭は、人の心も癒してくれます。
お庭作りの原点は新潟の風景と自然に他なりません。一見何の関連も無いように思える里山の風景も、小川が流れ、木々が生い茂り、動物をはじめとした膨大な生き物たちが生息しています。この原風景はリトルリーフ小葉のお庭創りの原点の一つと言えます。里山は膨大な生命が常に夏、冬問わず季節の中で循環しています。
石を組むときはしっかり構え込んだ配置は致しません。自然風で構えてしまうとしっかりしすぎてしまう為です。自然界の石は転がって来ます。大きい石は小さな石で止まると言った、そこにある石の落ち着きにはきちんと理由があり、単独配置にしてしまうと落ち着きが無くなります。庭で創る石の景観はより不自然に、自然風と和風を分けて造作、無造作を計算して配置いたします。
自然の中で水は見えなところからやって来ます。庭では水の溜まる場所は不自然じゃない場所に配置。あえて遠くに、全体的に奥に明るい花など配置して、人の興味を引くためにちょっとした遊び心(仕掛け)を施し感覚をくすぐらせたい。五感から音の効果、水の浮き沈み、水の割れる音も計算に入れて配置し、視覚、聴覚を刺激。水は五感を刺激するのに最適です。
縁側の大きな窓から見える庭を一つの風景として考えます。リトルリーフ小葉では割と大きな木を窓の近くに植えます。葉や枝だけではなく幹肌なども楽しめ、木の存在感を十分に感じます。木は庭全体に植えるのではなく、森をイメージしボリュームを持たせる為に一か所に植えます。大きくなった木、小さな木それぞれにも役割を持たせます。そうした景観を縁側からゆっくりと眺めて欲しいと思います。
代々受け継がれた技術
美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている美しい建築へのこだわりは誰よりも強く一切の妥協をしないその姿勢は国内外から大きな評価を受けている
お客様との物語の共有
新潟市のリトルリーフ小葉では多くの視点と理念を大事にしながらお庭創りをいたします。その結果、庭での生活やふれあいを「一つの物語」としてとらえて、何年先も一緒に共有できることを切に願っています。
庭の持つ情緒とエクステリア
緑あふれるお庭は、見る方の心に安堵や落ち着きを与えてくれます。そこに機能性がつまったエクステリアを配置する。エクステリアとお庭にはいろいろな組み合わせが存在し、組み合わせ次第で心が安らぐ快適な環境を実現できるのです。 
遊び心を取り入れたお庭
新潟市のリトルリーフ小葉では遊び心を取り入れた「五感をくすぐる」庭創りを心に留めながら施工しています。大小さまざまなお庭があるなか、しっかりと状況を踏まえ、お客様に愉しんでいただけるアイデアをご提案いたします。
項目を追加

ブログ

お知らせ、日々の雑記等